黒豆柴りかちゃんの日常を日記形式で綴っていきます


by KUROMAMERIKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

12時、2時、4時

子リカの起きる時間。
朝から夕方にかけて爆睡し、夜中の12時に「ピーッ!」と叫び、産箱を徘徊。
さんざん周りを振り回し、おっぱいも飲み、パタッと倒れて寝る。
そして夜中の2時。また「ピーッ!」と起きて、暴れまわる。
もちろんおっぱいも飲む。そしてパタッ!
最後に朝方4時。

リカと私はクラクラだ。(リカは子リカの行く先々で、おっぱいをあげようと
一生懸命体制を整える。でも子リカは知らん振りで徘徊を続けるのだ。)
産箱にいる間は「ピーピー」うるさいが、リビングに出すと、緊張するのか徘徊するだけで
声は出さない。
パタッと倒れて動かなくなったら産箱に戻すことにした。
それでも12時、2時、4時に変わりはないが、、。
e0025240_20301185.jpg

e0025240_20302516.jpg


あんまりうるさいので、 リカパパにお尻を刺激されてる子リカ
ちなみに、体重は441gを超えた。伸び率アップである。
by KUROMAMERIKA | 2007-08-31 20:38 | 今日のリカちゃん

あ~っ!

今日で9日目、372g!理想は生まれたときの倍の体重だから、292g。とほほ、、。
小さい可愛い黒豆になる予定が、、今では「目指すは黒ラブか、黒秋田」
e0025240_21154452.jpg


e0025240_2116398.jpg
    あーっ!
e0025240_21161885.jpg
    やめてぇ~!
e0025240_21163262.jpg

    
   フラッシュは焚かないでぇ~!
         もっと大きくなっちゃう~!
by KUROMAMERIKA | 2007-08-29 21:20 | 今日のリカちゃん

343g!

ようやく7日が過ぎた。
子リカはとうとう343gになってしまった!もう「アボガド」ではない。
e0025240_212586.jpg


「マンゴー」か、「ヘチマ」か、、。
「もうリードを着けて運動を始めた方がいいんじゃない?」
「こんなに大きいのに目が開いてないなんて、ちょっと不気味じゃない?」
などなど、好き勝手な事を言っている。
e0025240_2132863.jpg

e0025240_2135230.jpg

力も強くなったのか、昨日はおっぱいを飲んでいる時に、リカが立ち上がると、
おっぱいを咥えたまま産箱の外に放り出された。

e0025240_214812.jpg

今日の子リカは「アザラシ」に似ている。
「リカちゃん、本当にアンタの子?」「たぶんね~。」
by KUROMAMERIKA | 2007-08-28 21:06 | 今日のリカちゃん

愛し過ぎ?!

女の子はしっかりリカに守られて「大きく」成長している。
みんなの愛を体全身で受け取ってくれている感じ。
e0025240_2251323.jpg

昨日と違って今日はでかい!
e0025240_225275.jpg

朝と違って夜はでかい!
昨日はピーナッツより小さかったのに、今日はでかい!
もう体重は242g。

e0025240_22473346.jpg

①「ピーーーッ!」と叫び、おっぱいめがけて突進!
②「ピーーーッ!」と叫び、出なくなったおっぱいから隣のおっぱいへ!
③「ピーーーッ!」と叫び、また出なくなったおっぱいから一段下のおっぱいへ!
e0025240_22481655.jpg

④「ピーーーッ!」と叫び、またまた出なくなったおっぱいからその隣のおっぱいへ!
e0025240_22492156.jpg


⑤ごろんと転がり、爆睡モードへ
e0025240_22501630.jpg

e0025240_2250478.jpg


少しリカが落ち着きを取り戻し、リビングに来るようになったが、
「ピーーーッ!」と呼ばれ、そそくさとハウスに戻るかわいそうな母親だ。
とても1頭育てているとは思えないような痩せぶり。
今日はリカパパが「特製しゃも肉スープ」を作ってくれたよ!
by KUROMAMERIKA | 2007-08-25 22:59 | 今日のリカちゃん

元気!

残った女の子は順調に体重を増やしている。
21日 146g(出産時)
22日 160g
23日 181g(へその緒が取れた!)
24日 207g
おっぱいを飲んだ後はまるで「アボガド」
とにかく端っこが大好きで、産箱の隅々を求めて徘徊し、良く寝ている。
「ちゃんと生きてるかな?」とチョンとつつくと、ガバッと目覚め(ミーアキャットのように)
隅っこからトイレットペーパーの波を掻き分け(バタフライができる!)
リカのおっぱいに突進!
驚いたリカは慌てて座りなおし、おっぱいをあげやすいかっこうになる。
「チュパチュパチュパ!」と大きな音を立て、おっぱいを飲み、
ゴロンッと転がり、寝る。でもいつの間にか端っこにいって寝ている。
e0025240_9415439.jpg

e0025240_942938.jpg

この子は哺乳瓶であげるミルクが嫌い。
ちゃんとおっぱいを飲めているか心配で、ミルクを足そうとするが、
ベロを大きく出し、首を振り、手まで出して「いやいや」をする。
仕方ないので、その後すぐにリカのおっぱいの所に持って行くと、
「お~!これこれ!」と言わんばかりに「ジュバジュバ」飲む。
やはり女はたくましい!
          
by KUROMAMERIKA | 2007-08-24 09:47 | 今日のリカちゃん

亡くなりました!

昨日の早朝の出産劇から30時間後、男の子が亡くなった。
産まれて一度も排泄をしなかったのだ。
「先天的な疾患で排泄機能が出来ていなかったんでしょう。」との事だった。
産まれて来てから、大きな声で良く鳴き、おっぱいを欲しがっていたのに、
上手に吸えなくて、足りないといけないと、哺乳瓶でもあげていたが、
だんだん声も小さくなっていたのはお腹が一杯で寝ているんだろう、と勘違いしていた。
今朝、体重を測ると0.5g減っていた。(女の子は15gも増えていたのに)
すぐにミルクを飲ませ、先生に連絡すると、「機能障害があるかもしれないなぁ。
連れて来られますか?」と言われ、すぐに連れて行った。
病院に着いたときには、もう亡くなっていた。
e0025240_15425490.jpg

e0025240_15432727.jpg


e0025240_15434213.jpg


黒X黒は絶対に掛け合わせちゃいけない、と言われていた。
5歳の初産は高齢出産だと言われていた。
ヒート不順があるのなら交配はやめておいた方がいいと言われていた。
何が原因かはわからないが、リカにも男の子にも本当にかわいそうな事をしてしまった。

リカは気づいていたのか、弱っていた男の子だけを守っていた。
私が触ろうとすると唸って怒った。
男の子を噛んで持って行かないようにするので、リカの首を押さえつけてから
男の子を産箱から取り出し、病院に連れて行った。
戻った私を喜んで迎えてくれたが、赤ちゃんが戻らない事を知ったリカは
今度は女の子を守るようになった。
ご飯も私が見ている前では食べなくなり、部屋に近づいただけで、聞き耳をたて、
警戒しているのがわかる。
e0025240_15443341.jpg

e0025240_15445213.jpg

悲しいが、仕方ないので、なるべく部屋から遠ざかって、
リカが休めるように気を使った。
(私がいないとリラックスしすぎて、赤ちゃんを潰して寝ている!)
でも、リビングで私が泣いていたら、すごい勢いで走ってきて「ペロペロッ!」と慰め、
すごい勢いで走って女の子の所に戻った。嫌われてはいないようだ、、。

亡くなった男の子の名前は里親さんに付けてもらおう、と考えていなかったが
昨日、登録名だけ決めていた。「黒天麿号」
さっそく天に昇ってしまった。
by KUROMAMERIKA | 2007-08-22 15:55 | 今日のリカちゃん

帝王切開!!

昨日の興奮はやはりただ事ではなかった。
その後、興奮冷めやらず、洗面所、玄関、テレビの裏、産箱、あらゆる所をうろうろし、
とうとうリビングで破水!
え~っ?!早すぎるよ~!その後、膣から血の混じったおりものが、、。
「先生に電話しろ!」と夜中の12時にTEL。留守電にメッセージを残すと、折り返しお電話。
すぐに来てくれたが、「赤ちゃんはまだ降りてきてないなぁ、、
それにこんなに小さい膣じゃあ、出て来られないよ。
もう少し様子を見ましょう。明日の朝もう一度お電話下さい。」
と一度は帰宅して頂いた。
e0025240_20573872.jpg

e0025240_20581883.jpg

それからのリカは産箱で激しいホリホリ!「ダンボールが壊れるよ!」っていうくらい。
そして、弱い陣痛が定期的に始まった。ずっと傍にすわり、背中を撫でていると、
「何か出てきた!」とリカパパを起こし、見ると、赤ちゃんの頭の入った袋のようなもの!
とうとうか!と思い、「陣痛と共に引っ張り出すんだよ。」と聞いたとおりにしようとしたが、
全く引っ張れない。「先生に電話しろ!」と今度は夜中の2時。
携帯に電話すると直ぐに出てくれ、状況を説明すると、「やぶいちゃだめですよ!」との事。
どうも羊水の一部が出てきてしまったらしい。それも3cmも、、!
「じゃあ、連れて行かせて下さい。」「わかりました。診ましょう。」
ということで、夜中の2時半に叫ぶリカを抱いて、病院に駆け込んだ。
診察をした先生は何も言わず、「では、待合室でお待ち下さい。」
と手術の準備をし始めた。
しばらくするとリカのおしりに精神安定剤を打ちにきて、その20分後くらいに全身麻酔の注射。
リカはすぐに鼻水をたらし、目を開けたまま、べろを出して気を失った。
急に昔可愛がっていた柴犬が死んだ時を思い出し、涙が止まらなくなった。
赤ちゃんなんか産ませなきゃ良かった、と本当に後悔した。
診察台でお腹の毛を丁寧に剃り、掃除機、コロコロまでかけ、
「後はお預かりします。」と奥の手術台に持って行かれた。
「2時間くらいかかりますから、一旦帰って頂いてもいいですよ。」「いえ、待っています。」
リカパパは見ていられない、と近くのコンビニに買い物に出たが、
私は全て見落とす事がないよう、見ていたかった。
手術が始まってすぐに大きなソーセージでも入っていそうな白い袋2個が取り出され、
その中から真っ黒い小さい子豆が出てきた。
先生の奥さんがお湯で洗い、先生が口の中の異物を取り除き、鼻を拭き、
へその緒を縛って切り、タオルでこすったり、振ったりと本で読んでいた事を全部やってくれた。
皮膚が真っ赤になるまでこすり続けるらしい。
それからリカのお腹を縫い(3重に縫っていて、頑丈で後が残りにくい形成外科の縫い方だそうだ。)体を横にするとすぐにギャンギャン鳴き始めた。
(麻酔から覚める時は皆そうなるらしい。そりゃ、そうだろう。)
鳴くのがやむとすぐにリカのおっぱいに子豆達を吸い付かせ、そのまま車で帰っていいと言われた。リカパパは慎重な運転で、帰るとすぐに産箱に入れ、子豆達におっぱいを吸わせなければならない。これが一番の免疫力となるらしい。
e0025240_2105745.jpg

麻酔から100%覚めていない朦朧としたリカのおっぱいを何とか吸わせ、
今日は一日中リカの頭をなで、子豆におっぱいを吸わせ、おしりをこすり、哺乳瓶でミルクもあげ、リカにご飯を食べさせ、おりものの処理をし、クタクタだ。
e0025240_2115079.jpg

でもお昼頃からはリカがおっぱいをあげやすい体制をとるようになり、
夕方からは子豆のおしりを舐めるようになった。
e0025240_2121264.jpg

かなり母性愛に目覚めてきたようだ。良かった!
e0025240_2125495.jpg
リカと同じ胸に白い模様のある黒い女の子
e0025240_2135438.jpg


e0025240_2143411.jpg

e0025240_2151149.jpg
お腹の真ん中まで細い白い線が走ってる黒い男の子
 
助けて下さった先生に感謝!
そして頑張ってくれたリカと子豆達に感謝!
by KUROMAMERIKA | 2007-08-21 21:20 | 今日のリカちゃん

そわそわ

夏休みも終わり、今日から本格的に仕事再開だ。リカパパは毎日仕事に出ていたが、
私はあまりの暑さにたじろぎ、冬眠中の熊のようにひっそりしていた。
リカは私がいるせいか、毎日まったり過ごしていたが、今日はお昼に帰ると「ぎゃわわん!!」
と怒りと切なさをあらわにしていた。
「久しぶりの長いお留守番だからね???」お昼に帰ったんだから大して長い時間じゃあない。
仕事が終わって夜帰っても「ぎゃわわわん!!!」と辛そうな声でいつまでも鳴く。
食べ物を見せても、ピーナッツを咥えたまま涙目で訴え、興奮が治まらない。
出産が間近で、情緒不安定なのか、、?
今日はご飯を食べた後も(もちろんご飯はペロッと)ソワソワウロウロして落ち着かなかった。
e0025240_22391147.jpg

昨日と比べて今日は一段とお腹も膨れてきたよ!
リカのお腹を離れて見ていてもわかるくらい子豆達が動き回っている。
リカはそのたびにビックリして自分のお腹を見る。
もうすぐだよ!出たら原因がわかるからね!
e0025240_22432912.jpg
by KUROMAMERIKA | 2007-08-20 22:43 | 今日のリカちゃん

レントゲン!

毎日暑い日が続いていたが、今日は曇っていてかなり過ごしやすかった。
今日は待ちに待ったリカのレントゲン検査の日。
本当に赤ちゃんは2頭なのか?
骨盤の大きさなど、自然分娩はできるのか?
赤ちゃんはちゃんと元気で育っているのか?
などなど、毎日ドキドキだった。
リカの体重も5.7㎏と少し増えていたし、骨盤も大丈夫。
ちょっと膣がもう少し大きくなるといいけど、、との事。
e0025240_222213.jpg

暴れん坊のリカは初めてクチワを着けられちゃったよ!
でも、やっぱり終わる頃にはそれも外れちゃったんだ。
e0025240_2251120.jpg

2頭の赤ちゃんも(綺麗に右と左に仲良く並んでいる)もう頭が2.42cmと大きくなっている。
右の1頭は大きくお口を開けていたよ。あくびしてたのかな?
e0025240_2263310.jpg

エコーで心臓の音も聞いておきましょう、と探したが、左の赤ちゃんもクリクリ動いて
なかなか大きさを測らせてくれない。
元気な子達が産まれそうだ。
先生が摘むと、リカのお乳がじんわり出てきてビックリしたよ。
「もうおっぱいも出るね。」と先生も安心。
「出産はご自宅の安心できる所で、というのが僕の方針ですから」
「はい。」と、出産時の注意事項などを聞いて、自宅の場所を地図で確認してくれ、
「予定日(25日)の前日と当日の朝、何にもなくてもお電話下さい。」
「他に聞いておきたい事はありますか?」
「もし、膣が大きくならなくて、赤ちゃんが出られなかったら?」
「それは僕の仕事だから、考えなくていいです。何かあったら僕がパッとお腹を切りますから。」
ひぇ~!
「危険な状態の時に、どちらかを選ぶとしたら、僕は母犬を助けます。
まぁ、両方助けますけどね。」
「そ、そうですか、、よろしくお願いします。」
や、やはり、出産は命がけだ!出産でリカが死ぬ事になったら、一生後悔する!
だってリカの子豆が見たいのは私のわがままなんだから、、。
明日は神社に安産祈願のお参りに行こうっと。
e0025240_2273123.jpg

e0025240_2274886.jpg
何でもいいから食い物くれよ~!
by KUROMAMERIKA | 2007-08-18 22:15 | 今日のリカちゃん

ワンコ用クッキー

零細企業のうちとしてはそう簡単に休みを取れないため、
リカの出産、子豆達の安全のため、室内カメラ(ドコモFOMAで見られるやつ)を設置した。
リビングから廊下が写るようにしているが、全くリカは写ってくれない。
夏休みに入って、いったい昼間はどこにいるんだろう、、と様子を伺っていると、
昔からなじみにしている「ソファの下」(そこはカーペットを敷いていない)か、玄関。
お腹が熱いから冷たい所を探して寝ているらしい。
まぁ、カメラに写らないのは元気な証拠(?)ということにしておこう。
e0025240_12321368.jpg

e0025240_12322885.jpg


先日お菓子作りの名人konkoちゃんがリカのご懐妊のお祝いに
「ワンコ用クッキー」を作成してくれた。
私の要望を入れて「ポッキーの2倍くらいの長さで、なるべく固いの」を作ってくれたのだ。
e0025240_12333810.jpg
  「早くほしい~!」と涙目で、ベロも出ちゃうよ~!
e0025240_1234143.jpg

とリカには大好評!(私もビールのつまみにしちゃったよ!ゴマが香ばしくっておいし~!)
なぜ長くて固いのがほしいかというと、お留守番の時に毎日玄関であげるから。
いつもはジャーキー(鮭や、馬肉など)だが、短いと一瞬で食べ終わってしまう。
e0025240_1234396.jpg

忘れ物をした時や、ぐずぐずしていると「長いお留守番なんだから、もう一本よこせ!」となる。
長くて固いジャーキーだと、「こりゃ、食い応えありそうだな!」とリビングに持っていって食べるのだ。konkoちゃん、ありがとう~!!

出産予定日から2週間を切ったよ。
相変わらず元気なリカ。公園をダッシュして、
家の中でも「ピーナッツを取りに来い!」ゲームをする。
本当にこんなに元気で赤ちゃんが産まれるんだろうか、、。
by KUROMAMERIKA | 2007-08-13 12:41 | 今日のリカちゃん